当ウェブサイトの内容・使い方

株

当サイト「負けない株の始め方」は、「株を始めようと思っているけど株はリスクがあって怖そう。どうしたら負けない株を始められるんだろう?」と悩んでいる潜在的な投資家のみなさんのために制作しました。

 

そして、リスクをどうコントロールするのか、どうやって長期的に儲けを出し銀行預金よりも大きなリターンを得るのか、を最新の「現代ポートフォリオ理論」をベースに指南します。

 

いちおう初級編、中級編、上級編と3つに分けましたが、この分類は株式投資の初級者向け、中級者向け、上級者向け、という意味ではなく、当サイト内での単なる順番です。株の入門者はまず「初級編」からお読みください。株の口座を開いた後は、中級編、上級編と読み進んでいただければ、プロも使っている様々な技法や知識をやさしく学べるよう構成しました。

 

このサイトの究極的な目的は、「日本人の金融リテラシーを向上させて、人生100年時代を豊かに生きる知恵を提供する」ことにあります。現実的には不可能な大儲けを狙う怪しいセミナーや講座ではなく、世界各国の年金基金やスイスのプライベートバンクで今日も使われている投資の基礎を学び、自分の資産運用に応用できるよう資産運用のスキルを身につけていただくことを狙っています。

 

日本の公的年金の財政が急速に悪化し、一方で平均余命が伸びているので、長生きはしたけど貧乏でお金がない下流老人になってしまう「長生きリスク」が現実のものになっています。つまりそれにどう対応するかのスキルを学ぶことが必要になっているのです。

 

そしてそれは労働資本を使って稼いだお金を株式市場に投資し、そこから安定したリターンをあげていくことでしか実現できません。

 

 

初級編

株の未経験者が証券口座を開くまでの「株の始め方」をやさしく解説します。株式投資の基本、株とは何か、銀行の預金とどう違うのか、など、「株を始めてみたいけど、株ってどうやって儲けがでるのか、その仕組みを知りたい」、という入門者の素朴な疑問にお答えする内容です。

 

株って興味があるけど、リスクもあって一歩踏み出すのに躊躇している、という入門者が対象です。そんなみなさんのために、リスクの少ない負けない株の始め方、そして資産形成のために安全で確実な方法をプロがご説明します。
初級編 記事一覧へ>

 

 

中級編

株式分析を中心にすえて、証券口座を開設したばかりの方を主な対象に、株式分析のやり方をやさしく解説します。よく「株は安く買って高くなったら売れば儲かる」と言われますよね? でもそれってとてもいい加減で無責任な言葉だと思いませんか?「安い」も「高い」も時間が経ってみないといつが安かったのか、高かったのかがわからないからです(笑)。

 

「中級編」では、どんな株を買うべきなのか、どう選べばいいのか、などなど、プロが使っている分析手法を基礎からやさしく解説し、なぜそうなのか、その理論的根拠を含め、お伝えしていきます。解説する内容は、流行や個人的技法ではない本質的な手法で、長い年月の間、世界の証券市場で磨き上げられたホンマもんの市場を生き残る知恵なのです。
中級編 記事一覧へ>

 

 

上級編

ポートフォリオ管理をどうやるのか、リスクをどう低減するのか、をご説明する内容です。株に限らず、金融資産を運用する場合、「ポートフォリオ理論」は必要不可欠の先達の知恵です。

 

なぜポートフォリオを組まなくてはいけないのか、その仕組みとリスクをどう低減して、人生100年時代に下流老人にならないで、豊かな老後を過ごすか、そのプロの手法を、人的資本と金融資産との相関係数も考える「ホリスティックポートフォリオ」の説明も含めて行います。

 

結局、資産運用の成績は、「何を買うか売るかではなく、その資産配分でほぼ決まってしまう」と言うのが実証研究から得られた現実で、さらに自分の「人的資本=稼ぐ能力」も考慮しないとほとんど意味がないのです。そのあたりもくわしくご説明しますね。
上級編 記事一覧へ>

 

 

このサイトの参考資料

ちなみに、当サイトの参考文献たちは、私がこれまで読み込み勉強してきた(そして今も勉強している)さまざまな金融・投資理論の文献やトレーニングプログラムで、金融先進国であるアメリカの英語で書かれた多数の原文、ウェブサイト、プロ向け(金融機関の金融商品の開発者向け)の金融セミナー等も含んでいます。

 

中には適切な日本語に訳された文献や訳語がない場合があり日本語でネット検索しても出てこない概念も含まれていますが、そんな場合は原文を英語で検索していただければ、より詳しい内容に触れられると思います。ちなみに、英語版のウィキペディアやインベストペディアを私は常日頃から大いに参考にさせてもらっています。

 

では、ホンマもんの株式投資を勉強することで、100歳まで続く豊かな人生を享受してくださいね (^^)/

 

 

【初級編】負けない株の始め方記事一覧

株とはそもそも何か?その仕組みと始まり

そもそも「株」とは何なのでしょうか?株を始める前に本質がわかれば、株式投資への理解が深まりますのでぜひ覚えておいてくださいね^^株とは?株とは、『株式会社の持ち主が誰であるかを表す権利書のようなもの』です。資金調達の手段のひとつとして、会社は株券を発行します。その株券を一般の人が購入し、その調達した...

» 続きを読む

証券会社とは? 証券会社と銀行の違い

証券会社とは、株の仲介業務している業者のことです。株を買うためには、証券会社に株取引の口座を開設する必要があります。株の売買を仲介してくれる免許は証券会社しか持っていないからです。証券会社は言わばマンションを買うときの不動産会社のようなものです。または、キャベツを買うときの八百屋さんのようなもので、...

» 続きを読む

銀行預金と株式運用のイメージ

銀行に余剰資金を預けても、利息なんて微々たるものですよね? たとえば、三菱東京UFJ銀行の「スーパー定期」で100万円を1年預けると、金利は0.01%。100万円を銀行に持っていっても、1年後の利息はたったの100円です。しかもこれは税引き前の数字なので(利息は税率20.315%)、税引き後の手取り...

» 続きを読む

株式投資は、長期投資と短期売買どっちがおすすめ?

株には、「トレーディング」とか「デイトレ」と称して、毎日株式市場を睨んでいるデイトレーダーがいますよね。本サイトは「負けない株の始め方」を指南しているので、負ける可能性が高くなる短期投資よりも、負けない確率が高くなる長期投資をおすすめします。「会社の利益を反映するのが株」、と前に書きました。そして、...

» 続きを読む

株のコスト(手数料と税金)を下げる対策とは?

株投資で「いくら儲かったか」を計算するときは、「税金と手数料」というコストを支払った後の「手取りがいくらに増えたか」で考えなくてはいけません。手数料は証券会社によって異なり安いところが多いですが、税金は毎回儲けの20.315%が強制的に引かれているのをご存知でしょうか。手数料率より税率の方が大きいの...

» 続きを読む

ETFと投信の違いとは?メリットやデメリットを徹底比較!

証券会社に口座を開設した投資初心者の方は、「まず投資の入門編として「投資信託」を買いませんか?」と勧められることが多いです。ネット証券ではそのような案内はありませんが、店舗型の証券会社や銀行や郵便局(ゆうちょ銀行)の窓口では盛んに「投資信託」の購入を勧められます。また最近投資信託と似た金融商品として...

» 続きを読む