新着!キャンペーン情報

  現在 最新情報  

・楽天証券 株の口座開設で、最大10,200円プレゼント
・楽天証券 FXデビュー&トレードで、最大180,000円プレゼント
・岡三オンライン証券 くりっく株365 最大5万円キャッシュバック
・DMM証券 FX口座開設と新規取引、最大2万円キャッシュバック
・岡三オンライン証券 友達紹介で3,000円プレゼント

ザックザク!キャッシュバックをもっと見る>

必読!海外ETFの購入方法〜マネックス証券編〜

海外ETF

 

ボタン

 

初めて海外ETFを購入するときは、少し手間がかかります。私も購入する気満々なのに、どう買えばいいのかわからず困り果てたので手順をまとめておきます。

 

今回はマネックス証券を例にしてお話ししていきますが、基本はどこの証券会社でもやり方は一緒だと思うのでぜひ参考にしてみてください(`・ω・´)

 

 

STEP1 口座を開設する

まず大前提として証券口座を開設し、入金が必要ですね。まだ口座を開設していない人はまず口座開設して入金しておいてくださいください。
SBI証券>
楽天証券>
マネックス証券>

 

 

STEP2 外国株取引口座を開設する

海外ETF

本当は口座開設と同時にできるそうですが、今のところどこからすればいいのかはわかりません。調査しておきます^^;とりあえず口座が開設出来たら、次に外国株を取引きするための口座を開設します。トップページの上の方に、『外国株』とあるので、そこをクリックします。

 

ETF

『外国株』をクリックすると、この画面が出てきます。私はすでに申し込んでしまったので、多少画面は違いますが、赤で囲われてる部分に口座開設のボタンがでます。今回は米国の海外ETFを購入するので米国株の口座を開設します。

 

日本にも海外ETFはありますが、あれは日本の海外ETFなのでここでおすすめしている海外海外ETFとは別物なので気を付けてくださいね。2〜3日待つと口座開設終了です。

 

 

STEP3 証券口座から外国株口座に資金を移動する(資金振替)

海外ETF

証券口座に入っているお金を、外国株口座に移動します。STEP2と同じ画面の外国株→下にスクロール→資金振替の外国株取引口座へ入金

 

ETF

MRFお預り金→外国株取引口座をチェック→次へをクリック

 

ETF

移動する金額を入力する。あとは4ケタの暗証番号を入れます。

 

海外ETF

外国取引口座へ入金完了です!

 

 

STEP4 円をドルに換える(為替振替)

海外ETF

入金が終わったらその画面の下の外国株取引サイトへログインか、トップページ→外国株→為替振替(外国株取引口座へ)から外国株取引口座に移動します。

 

海外ETF

米ドルの円から外貨に振替を選択します。

 

海外ETF

振込額を記載し振替ボタンをクリック。

 

海外ETF

実行をクリック。

 

ETF

振替完了です!これで始めて外国株が購入可能になりました。ただ円がドルに振替えされるには時間がかかります。振替が完了後、取引が可能になります。

 

≪振替え日時≫
・24時から14時30分までの振替
→その日の夜20時以降に、14時30分のレートで振替
・14時30分以降の振替
→次の日の夜20時以降に、14時30分のレートで振替

 

 

STEP5 海外ETFを購入する

ETF

購入する時はトップページ→外国株

 

海外ETF

米国株取引ホーム→ログイン

 

海外ETF

するとTrade Station(米国株取引口座)が開きます。少しわかりにくいですが、右上の注文ボタンをクリックします。

 

海外ETF
日本株を購入する時は選択した株のチャートが自動で表示されますが、マネックス証券の外国株の場合表示されません。なのでチャートのところで見たいシンボルを記入する必要があります。デフォルトだと多分NYダウが表示されるので注意が必要です。

 

海外ETF
必要事項を記入していきます。まずシンボル(銘柄)。今回私は先生おすすめのアメリカ市場の大型株『SPDR S&P 500 海外ETF』を購入しました。なのでシンボル(銘柄)は『SPY』となります。

 

海外ETF

数量と指値価格は、購入時点でインデックスが242くらいだったので、60万円米国取引口座に入れて換金していたので、20株注文を入れました。指値価格はドル表記だったりインデックスだったり、日本円と違うので注意してください。

 

あとは期間を決めて、買いボタンをクリックすれば購入完了です!購入はカンタン♪あとは約定するのを待ちます。

 

もし約定しなかったら、また後日注文を入れましょう。時間がない人は期間を長めにとると便利です。あとはおすすめしませんが、成り行き注文にするという手もあります。

 

 

海外ETFの購入方法 まとめ

海外ETF

外国株取引口座を開設するにも、円をドルに振替えするにも多少時間がかかります。初めて海外ETFを購入する時は、それにビックリするかもしれません。

 

なので直近買う予定がなくても、口座開設や振替は極力始めにやっておいた方があとあと便利!

 

どの銘柄がいいのかわからない!おすすめ海外ETFが知りたい!という方は、海外ETFの負けない投資戦略とイチオシ銘柄に詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてください^^

ボタン

 

 


≪プロが推薦!初心者におすすめの証券会社≫

楽天証券

楽天

≪楽天証券の特徴≫
・手数料が安い!
・品揃えがいい!
・投資情報も充実
・アプリ・ツールが使い易い
・売買で楽天ポイントが貯まる

品揃えはネット証券2番目に豊富です。楽天証券の最大の魅力は何といっても、楽天ポイントが貯まるところではないでしょうか。手数料と品揃えは正直、楽天・SBI・マネックス証券であればそこまで違いはありませんが、楽天ポイントが貯まるのはここだけ。当サイトでおすすめしている海外ETFも取り扱うことができ、アプリのi speedは取引しやすく私もメインで使っています。

ボタン

 

SBI証券

sbi2

≪SBI証券≫
・手数料が安い!
・品揃えがいい!
・投資情報も充実
・使っている人が一番多い
・ネット証券国内最大手

株を始める時にSBI証券で始める人は多く、もっとも国内でシェアされている証券会社です。海外ETFも扱っていますし、IPO銘柄もあり、品揃えもNO1です。初心者が、長期間使い続けられる証券会社です。

ボタン

 

マネックス証券

マネックス証券

≪マネックス証券の特徴≫
・手数料が安い!
・品揃えがいい!
・投資情報も充実
・無料オンラインセミナーが充実

マネックス証券も手数料が安く、品揃えも良く、海外ETF、IPO株も扱っているバランスのいい証券会社です。マネックス証券が凄いのは、無料のオンラインセミナーの充実度です。株を勉強してしっかりと投資したい人は必見です。

ボタン

 

証券会社によって、海外金融商品の品揃え・ツールの使い易さ・情報の提供の量・手数料すべて違ってきます。なので口座は一つではなく、複数開設しましょう。そして場合によって使い分けるのです。

 

例えば、パソコンでもスマホでもチャートを見るのは楽天証券。実際に取引するのは、手数料の安いマネックス証券。マネックス証券にない株式をSBI証券で購入するなど、それぞれの証券会社の得意を上手に使うようにしましょう。

 

ネット証券は口座開設も無料ですし、管理維持手数料もずっと無料です。まずはおすすめの証券会社を3つ以上開設して、使い比べてみましょう^^