ETFと投資信託の違い!メリットとデメリットを徹底比較

ETF

 

ボタン

 

証券会社に口座を開設した投資初心者の方は、「まず投資の入門編として「投資信託」を買いませんか?」と勧められることが多いです。ネット証券ではそのような案内はありませんが、店舗型の証券会社や銀行や郵便局(ゆうちょ銀行)の窓口では盛んに「投資信託」の購入を勧められます。

 

また最近投資信託と似た金融商品として「ETF」に注目が集まっています。このETFとは投資信託とどのような違いがあるのでしょうか? 今回はこの投資信託とETFの違い、どっちがいいのか、メリット・デメリット。そして巷に言われる「リレー投資」の是非を考えてみました。

 

 

ETFとは?

ETFとは、投資信託を上場させたもの

簡単に言うと、投資信託を株式市場に上場させて、株のように投資家が自由に売り買いして値付けを行う金融商品です。投資信託と同じように投資信託会社や資産運用会社が企画、運営しますが、ETFは東証やニューヨーク証券取引書に「上場」され、頻繁に売買されているのが特徴となっています。

 

 

投資信託(投信)とは?

投資信託とは、沢山の銘柄を一つで買うパッケージ金融商品

ひとつの投資信託を証券会社を通して買うだけで、多くの銘柄に分散投資し、市場全体(日経平均とかTOPIX とか)に投資できたり、プロのファンドマネージャーが選別した有望株を複数まとめて保有するなど、投資の初心者のみならずベテランにも買いが勧められる優れものなんです。

 

株投資のリスクを下げるためには「分散投資が必要」です。しかし資金が限られていたり、またどんな株を買ったらいいのか自分で選ぶのも大変でうまく分散投資ができない、など、投資家さんの悩みは尽きません。

 

投資信託は、「投資信託会社」とか「資産運用会社」などと呼ばれる金融サービスを行なっている会社が、企画し、その会社の独自商品として証券会社や銀行などを通じて販売されています。上場しているものと非上場のものがあり、一般に「投資信託」と言えば非上場のものを指します。投資信託はアクティブとパッシブがあるが、ETFはまだパッシブが主流です。

 

投資信託は、株や債券、バランスファンド(株と債券の組み合わせ)など様々な種類があります。これに対して、ETFは投資信託と同じようなテーマーや国、セクターなどでさまざまな種類がありますが、まだ株のインデックス(指数)に連動するよう運用されたパッシブファンドが主体です。しかし、海外ETFを中心に、債券ETFやアクティブETFなども新たに開発されつつあります。

 

 

ETFと投資信託を徹底比較!

  ETF 投資信託

売買手数料

高い

安い/無料

安い

信託報酬

安い

高い

無料

取引頻度

頻繁

1日1回

頻繁

分配金・配当金

普通分配金

普通/特別分配金

配当金

売買単位

高い

少額から可能

高い

積立

難しい

可能

難しいができる

 

ETF(Exchange Traded Fund;上場投資信託)と投資信託は、とてもよく似たコンセプトの金融商品です。上場しているETFと上場していない投資信託は投資家からみてどのような違いがあり、そのメリット・デメリット違いを詳しく見ていきましょう。

 

 

手数料の違い

手数料は買うときや売るとき主にネット証券に払う売買手数料と、主に運用会社に払う信託報酬とに大別されます。

 

売買手数料
・売買手数料=投資信託もETFもネット証券に差がある

・海外ETFは、一般に国内ETFよりも買う時の手数料が高い


投資信託やETFを買うときに証券会社に手数料を払わなくてはいけません。しかし最近は「ノーロードファンド」と言ってこの投資信託を買うときの手数料を無料としているネット証券があります。ETFは実質株式ですから、株を売買するときの手数料が適応されるはずですが、これも証券会社によってまちまちです。

 

注意していただきたいポイントは、同じ投資信託やETFでも販売する証券会社によって手数料に違いがあることです。つまりまったく同じ商品でもお店によって値段が違う、ということです。A証券ではX投資信託が安いがY投資信託は高い、B証券ではX投資信託は高いが逆にY投資信託は安い、ということが現実にあります。

 

また、ニューヨーク市場に上場されているような海外 ETFは実質外国株の売買なので手数料が高い傾向にあります。

 

 

信託報酬
信託報酬は、高い順にアクティブ投資信託>>パッシブ投資信託>ETF 

※しかし例外もある。


信託報酬とは資産運用会社に投資家が払う手数料で、投資信託やETFを持ち続けている限りずっと払い続けなくてはいけません。要するに「運用してもらうために投資家がファンドマネージャーに払う報酬」なのです。この信託報酬は、手間隙かかったアクティブ投資信託が一番高く、そしてパッシブ投資信託やETFが安い傾向にあります。特に資産残高が大きいニューヨーク上場のS&P500指数に連動するIVVはこの経費率が0.04%(年間)と非常に小さいのが特徴です。

 

パッシブ投資信託と比較してETFの信託報酬(経費率)は一般に小さい傾向にあります。しかし最近のいくつかの投資信託は、同じベンチマーク(インデックス)を参照するETFと比較して同等のものも出てきています。

 

たとえば日本以外の先進国の株式市場に投資する「MSCI Kokusai」インデックスを模倣したETFであるブラックロックのiシェアーズTOKの信託報酬は0.25%で、同じベンチマーク(MSCI Kokusai)を参照する投資信託であるニッセイ外国株式インデックスファンドが0.2%と、投資信託の方が運用手数料が低くなっています。

 

このニッセイアセットマネージメントのファンドの低手数料は特別ですが、昨今の流れだとインデックス投資信託(パッシブ投資信託)の低手数料化が進む傾向にあり、これは投資家にとっては朗報ですね。

 

 

ETFと投資信託の分配金(配当金)の違い

・ETFの分配金は、自動的に再投資されない
・投資信託の分配金は、再投資されるものと再投資されないものがある
・投資信託の分配金は普通分配金と特別分配金に分かれる

株を買うと毎年の利益を投資家に還元する「配当金」がありますよね。投資信託やETFでも同じ仕組みがあり、これを分配金と呼んでいます。しかし投資信託の分配金とETFの分配金は若干の違いがあります。

 

投資信託で利益が出た場合、それを投資家に還元するのが「普通分配金」です。これは利益の再配分であり、源泉税を払う必要があります。これに対して投資元本を取り崩し投資家に分配金として支払うのが「特別分配金」です。これはもともと投資家の投資元本なので儲けではなく、したがって税金がかかりません。

 

投資信託には分配金を再投資に自動的に回すものも多いです。これは税金の支払いを自動的に繰り延べてくれるので、税引後の儲けを考えると非常に有利な仕組みです。

 

にもかかわらず投資の初心者(特にお年寄り)は、「毎月のお小遣いが出る」という触れ込みの「毎月分配型」の投資信託(債券ファンドに多いですね)を好む傾向にあり、証券会社も「売れていますよ」「人気です」などと言っておすすめすることがあります。これは税金を毎回支払いさらに投資元本も分配金として払い戻すなどまったくナンセンスな投資商品であるのでおすすめはできません。

 

ETFにも分配金があります。ETFは株と同じなので、この分配金は自動的に再投資されません(現金で受け取ることになる)。したがってETFの再投資リスクを軽減するためには受け取った分配金で同じETFを買う必要があります。この仕組みは株や国債と同じです。

 

 

ETFと投資信託の取引時間と売買価格の違い

・ETFや株の買い方は、1株づつ買う
・投資信託の買い方は、金額を指定して買える


投資信託の値段(基準価格)は、運用会社が1日1回、相場が引けてから計算し、それに信託報酬などを控除して公表されます。つまり時々刻々値段が動くわけではないので、朝買っても午後に買っても同じ値段(その日の基準価格)で買えるはずです。

 

これに対してETFは市場で時々刻々と取引されている商品なので、市場が開いている時間帯は刻々と値段が変わっていきます。基本、ETFは株と同じ、と考えてください。

 

したがってETFの売買は値段を決めた(指値)トレードが必要になります(成行注文も可)。投資信託は、たとえば「10万円分買いたい」みたいな注文も可能です。

 

 

売買単位の違い

投資信託は測り売りしてくれるお惣菜のようなものなので、少額(1万円単位)から買えます。これがノーロードファンドだと買付の手数料は無料です。これに対してETFは株と同じなので、1株いくら(1口いくら)という買付になります。大抵数万円が必要で、中にはもっと高いものもあります。

 

毎月一定額を決めて(たとえば1万円)お給料口座から天引きで積み立てる投資手法も投資信託なら可能です。ETFにはその仕組みがないので(「るいとう(株式累積投資)」を利用できないこともないですが、「るいとう」で買えるETFはほとんどないのが現状です)、積み立て投資は難しいです。

 

 

投資信託とETFはどっちが有利?

女性

結局、投資信託もETFもそれぞれのメリットがありそうですね。投資家としては、どういう買い方や区別をしたらいいのでしょうか?

 

結論を言うと、「投資信託を買うか、ETFを買うか」ではなく、個別に検討し、これは「この投資信託」が有利、この場合は「このETF」を買った方がいい、と検討することをおすすめしたいです。

 

≪ETFと投資信託を選ぶポイント10≫

1)売買手数料は、安いものを選ぼう
2)信託報酬は、安いものを選ぼう
3)アクティブファンドは、過去リターンだけで選んではいけない
4)ETFは、資産残高が小さく、流動性がないゾンビファンドを避ける
5)毎月分配型投資信託は、買わない
6)パッシブファンドは、投資信託にも適切なものがある
7)「人気があります」「売れてます」と勧められる商品は避ける
8)海外ETFはドルベースで買うのでやり方にコツがある
9)投資信託は少額から買える。ETFはまとまった資金が必要
10)海外ETFは、信託報酬の安さ、資産残高の大きさ、歴史が選ぶコツ

 

 

投信には、アクティブファンドとパッシブファンドの2種類がある

・パッシブファンドの手数料は最近安くなっている
・アクティブファンドは、信託報酬が高い分だけ儲けも期待できる
・アクティブファンドの多くは、パッシブに勝てていないのが現実

投資信託と一口に言っても、証券会社を通じて買える投資信託の数は約4000本もあり、東証上場銘柄数と同じくらいの品揃えに、どれを買えばいいのかさっぱりわからない、という声が多く聞かれます。

 

実は投資信託には、日経225とかTOPIXなど市場全体を買うパッシブ運用に基づいた「パッシブファンド(パッシブ投資信託)」と、超過収益が期待できそうな銘柄だけを資産運用会社のファンドマネージャーやアナリストが選んだ「アクティブファンド(アクティブ投資信託)」とがあります。

 

また市場全体ではなく、あるテーマに沿ったものや特定のセクターや地域にフォーカスしたもの(大体がアクティブ投資信託に種類分けされますが)もあります。たとえば、新興国に投資するものとか、 ITセクターに投資するファンド、社会的責任投資ファンドなどです。

 

アクティブファンドの投資信託は、銘柄選びやその分析などに人の手がかかっているので信託報酬(運用の手数料)が割高になる嫌いがあります。その代わり、市場全体を買うパッシブファンドよりも大きな儲けが期待できる、というわけなのです。

 

一方でパッシブファンドの運用手数料は、そのような社内調査部門が不要なので、とても安いです。

 

儲けが大きいならアクティブファンドの方がいいよね、と思いませんか? しかしこれはなんとも言えません。多くのアクティブファンドはパッシブファンドと比較して、高い手数料を正当化できる運用成果を出せない、というのがさまざまな調査結果が報告しているのです。
> 株式投資でどのくらい儲けられるものなのか?

 

ちなみに、パッシブファンドは、インデックスと同じリターンになるように運用されるもの(トラッキングエラーが最小、できればゼロ)で、たとえばTOPIX連動投資信託がTOPIX のリターンを上回ってしまうのは「ダメ投資信託」なのでご注意ください。

 

 

リレー投資って意味あるの?

最後に時々聞かれる「リレー投資」に関してご説明します。このリレー投資は、投資信託の「購入コストの安さと運用コストの高さ」、そしてETFの「購入コストの高さと運用コストの安さ」のいいとこ取りをする投資手法です。

 

このリレー投資では、まず毎月一定額で投資信託を購入、積み立てます(自動積立などを利用するのが簡単)。そしてある程度のまとまった金額になったらそれを解約し、ETFを一括購入します。ETFは購入にあたりまとまった金額が必要なのでその金額になるまで投資信託で積み立て運用する、そして長い年月の運用はETFの方が信託報酬が安く有利なので(信託報酬=運用コストが低いため)、ETFに切り替える、という仕組みです。

 

しかし、結論を言うと、投資信託の解約の時に儲かった分だけ税金を払うことになるので、税金の繰り延べ効果が得られません。原則としてリレー投資信託は効率の悪いあまり意味がない投資手法だと思います。

 

しかし、NISA口座で税金が非課税になる場合には意味があるかもしれません。ただそれでもNISAの非課税の枠を使ってしまう分だけ無駄とも言えます。やはり長期投資にはまとまったお金を作ってETFなり、運用コストの安い投資信託を最初から購入するのが、あとあとのためにも有利です。

 

特に最近は、ETFなみに信託報酬が安いパッシブ投資信託が増えてきました。このため、リレー投資は過去のものとなっていくのではないでしょうか?

 

 

ETFと投資信託 まとめ

先生

投資信託とETFはとても似ている金融商品です。それぞれメリットデメリットがあるので、賢く使い分けするのがおすすめとなります。特にパッシブ投資信託とETFは信託報酬も安く、ノーロード投資信託だと買付も無料となります。これをコア銘柄として長期の資産形成に使わない手はないです。

 

一方銘柄をプロが選んで投資してくれるアクティブファンドは、どれが儲かりそうなのか選ぶのが大変です。アクティブファンドは信託報酬がどうしても割高になってしまうので、運用上とても不利なのです。

 

株式投資では、経験やスキルを積むと、個別銘柄の選択眼がでてきますので、当サイトではそのスキルを向上させて自分で運用することが長期的に望ましいと思っています。儲かる手法は様々あります。どれもリスクが高いものですが、リスクはパッシブファンドの比率を高くするコアサテライト戦略で分散できます。
>分散投資とは?効果を最大にするコツとメリット
>コアサテライト投資のすすめ?運用のコツと比率?

 

 

 

関連ページ

株とは?その仕組みと始まり
株とはそもそもなんなのか?その仕組みや始まりなどを詳しく優しくお話ししていきます。
証券会社と銀行の違い
知っているようで知らない証券会社の仕組み。そもそも証券会社とはなんなのか? 証券会社と銀行の違いなど詳しくお話しします。
銀行預金と株式運用のイメージ
銀行に預けるお金と株式運用のイメージを詳しくご紹介します。お金は銀行に預けておくとどれ位増えるのか一緒に計算してみましょう。
株式投資は、長期投資と短期売買どっちがおすすめ?
長期投資と短期トレーディングおすすめはどちらがおすすめなのか?株にはリスクとリターンが必ずあります。そのメカニズムを知り、負けない株式投資をする為に勉強しておきましょう。
株のコスト(手数料と税金)を下げる対策とは?
今回は、この株取引のコストである手数料と税金をどう節約して、手取収入を増やせばいいのか、その対策をお教えします^^