新着!キャンペーン情報

  現在 最新情報  

・楽天証券 株の口座開設で、最大10,200円プレゼント
・楽天証券 FXデビュー&トレードで、最大180,000円プレゼント
・岡三オンライン証券 くりっく株365 最大5万円キャッシュバック
・DMM証券 FX口座開設と新規取引、最大2万円キャッシュバック
・岡三オンライン証券 友達紹介で3,000円プレゼント

ザックザク!キャッシュバックをもっと見る>

株取引にスマホアプリがおすすめな理由

スマホ

 

ボタン

 

株情報取得はアプリで完結できる

ネット証券に口座を開き、株式投資を始めようとした場合、投資情報をどうやって取得したらよいか、という問題に突き当たります。株価は情報で動くため、株式投資とは情報戦に他ならないのです。

 

古典的には日経(日本経済新聞)を毎日丹念に読むとか、テレビの経済ニュースや衛星チャンネルの投資情報ニュースを見るとか、いろいろあります。しかし、今日では様々な情報がインターネットやアプリを通じて入手できる時代になっています。しかも、そのほとんどが無料なのです。

 

さらに嬉しいことに、多くのネット証券や情報プロバイダーは、スマホアプリの形で、株式投資情報を配信しています。これを我々は利用しない手はないですよね。スマホならリアルタイムで投資情報が入手できるので、投資チャンスを取り逃がすこともありません。

 

・「株投資=情報戦」
・「情報戦の武器は、スマホアプリ」

 

 

スマホアプリは、2種類ある

スマホアプリは、iTunes Store や、Google Playからダウンロードし、自分のスマホにインストールします。アプリは大きく分けて2種類あります。

 

1)ネット証券が開発、提供する「株取引アプリ」
2)IT企業等が提供している「株情報アプリ」

 

1の株取引アプリは、証券口座を開設し、そのIDでログインすると株価はもちろんのこと、経済ニュースや外国為替レート、金利など様々な金融情報が見られ、さらに株や投信などの金融商品もそのアプリで売買できるようになっているものです。

 

それに対して、2の情報アプリは、Yahooファイナンスが有名で、上記の株取引アプリから売買の発注機能を除いた金融情報のみ見られるもの、と言えます。また情報アプリでも、証券口座と連動し、株式ポートフォリオを管理できる優れモノもあります。

 

 

株取引アプリ、情報アプリ、両方あると便利!

実際の株取引(株の売買)は、スマホよりも、画面が大きいパソコンの方が誤発注や勘違いを未然に防げるのでおすすめ、と前に書きました。実際、スマホにタッチするだけで株の売買が簡単にできてしまうため、つい頻繁な売買に結びつきやすいことも、スマホアプリは売買では使わない方がいい、と私は思います。頻繁な売買は手数料がかさむため、投資リターンが悪化しやすいのです。

 

しかし、いつでもどこでも投資情報の見られるスマホの株アプリを有効に活用することで、時間もエネルギーも節約できます。株取引アプリは情報源として積極的に使うことをおすすめしたいと思います。

 

株アプリは、情報の量と質、得意不得意など、それぞれタイプが異なっています。投資家は一般的に複数の株アプリをインストールし、その強いところを積極的に使っています。言ってみれば、ひとつだけで事足りるパーフェクトなアプリは存在しないので、いろいろ使ってみましょう、ということです。

 

 

おすすめ株取引アプリ

スマホ

 

株取引アプリは、証券口座を開設しなくてもインストールできますが、実際には口座番号、ログインID、パスワードなどを入力しないとほとんどの情報が見られず、またポートフォリオ管理などの使える機能も限られています。

 

なので、手数料の安さや買える投資商品の豊富さで口座開設する証券会社を選ぶこともひとつですが、逆に、使いやすい株取引アプリを提供している証券会社に口座開設する、という戦略も一理ありますよね。

 

ここでは、株を始めたい初心者の方を対象に、また中級レベルになっても使いやすいと感じる株アプリを選んでみました。

 

1)楽天証券の株アプリ iSPEED

楽天証券には「マーケットスピード」と呼ばれるトレーディングツールがあり、とても有名です。これは通常のパソコンにインストールするアプリケーションプログラムの形で提供されています。そして株を始めたばかりの初心者にとっても、使いやすいツールである、と評判です。

 

マーケットスピードをスマホアプリ化したツールが、iSPEEDになります。口座開設後、パソコンにマーケットスピードをインストールし、スマホにiSPEEDを無料でインストールします。マーケットスピードとiSPEEDはデータの連携ができるので、これでほぼ最強の投資環境が整うと思います。

 

楽天証券の強みは日本株のみならず、外国株や海外ETFの品揃えも豊富なので、持っておいて間違いない証券口座です!
楽天証券>

 

 

2)岡三オンライン証券 ネットトレーダースマホ

 

岡三オンラインオンライン証券の提供するパソコン用トレーディングツール、ネットトレーダーシリーズは非常に高機能で使いやすいと、各種トレーディングツールのなかでも常に高い評価を得ています。そのスマホ版がネットトレーダースマホです。取引画面が見やすいので、カンタンに取引したい人におすすめです。
岡三オンラインオンライン証券>

 

 

おすすめ株情報アプリ

アプリ
証券口座と連動して株の売買もできる「株取引アプリ」に対して、IT会社や投資情報会社が提供する株情報アプリも豊富にあります。この分野は、個人のプログラマーや中小のIT会社などの開発した独自のアプリもiTunes Storeや、Google Playにアップロードされています。

 

証券会社の株アプリは、その証券口座で取引できない銘柄や金融商品の情報は割愛されているのが普通ですが、情報アプリでは、そのような制限がないので、たとえば世界の株価情報も豊富なものもあります。新興国では、そもそも個別株を外人投資家に解禁していないことも多いのです。

 

株取引アプリでも投資情報や世界の経済情報ニュースは見られます。では、株情報アプリをスマホにインストールする利点は何なのでしょうか?

 

株情報アプリをスマホにインストールする利点

1)証券会社の扱い商品に依存しない金融情報が見られること(たとえば外国株の情報など)。

 

2)証券会社の株アプリは、機能に資産残高制限がある場合があり、それなりの資金(たとえば30万円を送金しないと無料では使えないトレーディングツールがあったりする)が必要なケースがある。情報アプリはそのような制限がない代わりに、アナリストレポートなど有料のコンテンツ購入がある場合あり。

 

3)そもそも口座の資金と連動していないので、スマホがハッキングされたりしても、投資資金を抜かれたり不正送金されるリスクがない。

 

以上の3点です。

 

初心者でも超上級者でもおすすめできる定番アプリ

少なくともこの2つを自分のスマホに入れておけば、ほとんどの場合で問題ないと思います。

 

Yahoo! ファイナンス

これはYahoo Japanのサイトのファイナンスメニュー(Yahoo ファイナンス)と連動して、Yahoo JapanのIDで銘柄登録できるスマホアプリです。株価情報や企業情報が網羅的に閲覧できるほとんど最強の無料ツールだと思います。開設した証券口座の銘柄管理機能と連動可能です。

 

FISCO(フィスコ)

フィスコは、アナリストを自ら抱え、銘柄調査をし、それをアナリストレポートの形で投資家に配信している会社です。プロのアナリストの目で見た銘柄分析レポートが見られるのがフィスコアプリの特徴です。一部に有料コンテンツがありますが、自分の持株や買おうとしている銘柄の分析情報は是非抑えておきたいポイントです。その点で、フィスコアプリは欠かせないと思います。

 

結局、
・株価情報はYahooファイナンスアプリ
・銘柄分析情報はフィスコアプリ

と使い分けるのが正しい使用方法ですね (^^)

 

 

その他の株情報アプリとは?

四季報アプリ

会社四季報のスマホアプリ版です。上場している銘柄の様々なニュースが1日数回スマホに届き、随時チェックできる機能があります。

 

モーニングスターアプリ

投信の評価会社として有名なモーニングスター社が提供するアプリです。株価情報の他に、投信の価額情報、評価情報、そして独自のアナリストの視点レポートなどが豊富です。

 

野村証券アプリ

多くの証券会社の株アプリは、口座開設してログインしないと、情報の大半が見られない仕組みですが、野村証券に限っては、ただインストールするだけで、株価情報や株価ニュースなどが見られるので、株情報アプリとしての使い方も可能です。

 

 

株アプリで気をつけたいこと

株アプリ全般で特に気をつけたいことは、サイバーセキュリティ対策です。前にもお話ししたように、スマホアプリでは、意図的にスマホの情報を盗む不正アプリが混在しています。特にアンドロイドはGoogle Playへの登録審査が緩いので、多数の不正アプリがあると言われています。

 

上記に紹介したスマホアプリは、信頼できる大手の証券会社や大手金融情報会社が開発したもので、安心してインストールできるはずです。逆に言えば、個人や有名でない中小IT会社の開発したアプリのインストールは慎重にするべきだと私は思います。

 

 

おすすめできるスマホの株アプリ まとめ

先生

実際の株売買のできる証券会社の提供する「株取引アプリ」と金融経済情報のみ見られる「株情報アプリ」はその強みと弱みを理解し、両方インストールしてみましょう!

 

口座開設しないと株取引アプリは使えないものがほとんど。アプリの使いやすさも証券口座を選択するひとつの目安になります。情報アプリの定番は、Yahoo!ファイナンスとフィスコの2つ。

 

そして、信頼性に欠ける野良アプリを金融取引用スマホに入れるのは慎重に!スマホで株をする時の注意点やコツもこちらで紹介しているので、参考にしてくださいね^^

ボタン

 

 


≪プロが推薦!初心者におすすめの証券会社≫

楽天証券

楽天

≪楽天証券の特徴≫
・手数料が安い!
・品揃えがいい!
・投資情報も充実
・アプリ・ツールが使い易い
・売買で楽天ポイントが貯まる

品揃えはネット証券2番目に豊富です。楽天証券の最大の魅力は何といっても、楽天ポイントが貯まるところではないでしょうか。手数料と品揃えは正直、楽天・SBI・マネックス証券であればそこまで違いはありませんが、楽天ポイントが貯まるのはここだけ。当サイトでおすすめしている海外ETFも取り扱うことができ、アプリのi speedは取引しやすく私もメインで使っています。

ボタン

 

SBI証券

sbi2

≪SBI証券≫
・手数料が安い!
・品揃えがいい!
・投資情報も充実
・使っている人が一番多い
・ネット証券国内最大手

株を始める時にSBI証券で始める人は多く、もっとも国内でシェアされている証券会社です。海外ETFも扱っていますし、IPO銘柄もあり、品揃えもNO1です。初心者が、長期間使い続けられる証券会社です。

ボタン

 

マネックス証券

マネックス証券

≪マネックス証券の特徴≫
・手数料が安い!
・品揃えがいい!
・投資情報も充実
・無料オンラインセミナーが充実

マネックス証券も手数料が安く、品揃えも良く、海外ETF、IPO株も扱っているバランスのいい証券会社です。マネックス証券が凄いのは、無料のオンラインセミナーの充実度です。株を勉強してしっかりと投資したい人は必見です。

ボタン

 

証券会社によって、海外金融商品の品揃え・ツールの使い易さ・情報の提供の量・手数料すべて違ってきます。なので口座は一つではなく、複数開設しましょう。そして場合によって使い分けるのです。

 

例えば、パソコンでもスマホでもチャートを見るのは楽天証券。実際に取引するのは、手数料の安いマネックス証券。マネックス証券にない株式をSBI証券で購入するなど、それぞれの証券会社の得意を上手に使うようにしましょう。

 

ネット証券は口座開設も無料ですし、管理維持手数料もずっと無料です。まずはおすすめの証券会社を3つ以上開設して、使い比べてみましょう^^